contents
日本写真会について
├ 会のあゆみ・活動
├ 会則
├ 入会案内
└ 福原信三(創設者)
本部・支部
会報ダイジェスト
成績速報
お知らせ
お問合わせ
ホーム
日本写真会 会報ダイジェスト 
2004−7・No.307
→ 一覧にもどる
● 巻頭言「基本に戻る」 副会長 三浦邦彦
 先日たまたま野球のテレビ中継を見ていたら、外野手がゴロをエラーしてしまった。解説者に尋ねたところ、基本に忠実でなかったことが原因であると述べていた。写真道においても同じことが言えると思う。そこで、ここでは日ごろ忘れがちな基本について述べてみたい。

 写真に光が必要欠くことのできないものであることは周知のことである。風景写真を手がけるものにとって光にたいする感覚が敏感でなくてはならないことは言うまでもない。朝見た被写体に感激しなかったものが夕日を浴びた様を目の当たりにし、思わずシャッターを切った経験は誰しも持っていると思う。光には順光、トップライト、斜光、逆光とがあるが写真を撮る上で有効な光は斜光であり、逆光である。写真ではこの光をいかに扱うかが大切である。形態より光を優先した作品は見ていて飽きがこないものである。光は写真の命であり諧調はそのエッセンスであると思う。

 構図は画面構成の点で大切なもので、画面の道具立てである。人の感情を支配し、構図が整っていない作品は人に訴える力が弱く感ぜられる。主題つまり作者が一番興味をひかれた対象物を第三者が納得できる位置におくことが大切である。よく言われる黄金分割である。これは、画面に等間隔に縦横二本の線を引きその交点に主題を配置する方法である。構図上、線の扱いは大切でこの扱い方によっては写真を殺してしまうこともある。直線は男性的で力強く、安定感を与えるが倦怠感を覚える。中心に置いたとき画面を二分する危険がある。曲線は女性的で優美感を与える。斜線は活動的でエネルギーを感じさせる。線の形によって、その感じ方が違うので、それぞれの線の特徴を生かし、作画上効果を発揮するよう心がけることが大切である。直進する高速道路、湾曲した山岳道路、斜めに撮った高原野菜の畑など写真的魅力がいっぱいだ。

 画面構成は単純なものが日本人の気質に合っているように思える。生け花、茶の湯、俳句などはその最たるものではないだろうか。単純さは印象を強くし注意力の散漫を防ぐ効果がある。目標を二つ以上取り入れたり、関係のない目標を複数取り入れたりすると、焦点がぼけ効果が半減してしまうものである。

 風景写真を作るとき、季節感を表現することは大切なことで、季節の変化は写真に潤いと変化を与え、風情をはぐくんでくれる有難い存在である。春は明るく、夏は豪快強烈に、秋は哀愁枯淡に、冬は寂莫に表現されるものである。季節感の表現にはその季節特有の風情を取り入れることが大切なことだと思う。しかし、印画の調子から季節感が感じ取れないこともあるので注意が肝心である。

 風景写真は天候との関わりが深く、天候の変化を巧みに利用することによって被写体にふさわしい写真が撮れるものである。晴れた照葉樹林を撮っても葉が光って失敗してしまうため曇天に撮るべきである。晴れた日には晴れた感じ、雨の日には雨の日の感じというものがある。この感じが画面に表現されていなければならないと思う。

 それまで見ていて見えなかったものが、ある日突然見えるようになった時、その感動を人に伝えるためにカメラに向かうことが大切なことだと思う。ナンバーワンになることは立派なことだが、オンリーワンでいることも大切なことではないだろうか。

●第59回定時総会 (平成16年4月10日)
 1.平成15年度事業報告(3月末会員数:205名)
 2.平成16年度事業計画
   等々

●祝同人・同友誕生 (平成16年4月10日)
 同人 加藤泰夫(東京)
 同人 関口重男(東京)
 同人 徳永 弘(横浜)
 同人 福原美那枝(東京)
 同友 遠藤侑快(東京)
 同友 酒巻伝蔵(久喜)
 同友 曽我 修(東京)
 同友 中田和郎(東京)
 同友 山下信行(日立)
 同友 渡邊金市(新発田)

●2004−3月例会
 ◎「撮影会」入選作品(多摩ニュータウン:
  出品数78点 投票数5票)
 「朝の光の中」   12票(内同人票6) 荒井 明
 「飛んで飛んで」  11票(内同人票8) 金子庸子
 「ビルを仰ぐ」   10票(内同人票7) 山本彬夫
 「散歩」      10票(内同人票6) 加藤泰夫
 「投影」      10票(内同人票5) 関口重男
 ◎「自由」入選作品 (出品数154点 投票数8票)
 「黄昏の浜辺」   22票(内同人票8) 蕗谷俊雄
 「小糠雨」     20票(内同人票7) 福原美那枝
 「朝の光」      4票(内同人票4) 山本彬夫

●2004−4月例会
 ◎「撮影会」入選作品(鎌倉・江ノ島:
  出品数81点 投票数5票)
 「朝の散歩」    19票(内同人票8) 成田静子
 「激走」      14票(内同人票5) 池田多門
 「お散歩」     14票(内同人票3) 近藤有代
 「投影」      10票(内同人票5) 関口重男
 ◎「自由」入選作品 (出品数136点 投票数7票)
 「雨の木道」    16票(内同人票5) 佐藤 博
 「落陽」      10票(内同人票3) 藤元淳子
 「凍湖」      10票(内同人票4) 小野伸夫
 「春爛漫」     10票(内同人票5) 星島孝雄
 「寒行」      10票(内同人票6) 真中 誠

●2004−5月例会
 ◎「撮影会」入選作品(神代植物公園・野川公園:
  出品数70点 投票数5票)
 「窓」       13票(内同人票2) 藤元淳子
 「落花道」     13票(内同人票4) 矢島得三
 「紅彩」      12票(内同人票5) 亀尾 清
 ◎「自由」入選作品 (出品数142点 投票数8票)
 「朝の漁場」    17票(内同人票5) 佐藤二郎
 「輝く干潟」    15票(内同人票5) 山田重夫
 「朝陽」      12票(内同人票5) 加藤泰夫

●2004−6月例会
 ◎「撮影会」入選作品(奥多摩・御岳・奥多摩湖:
  出品数69点 投票数5票)
 「隧道」      14票(内同人票5) 葛西康隆
 「霧景」      12票(内同人票6) 遠藤侑快
 「春の湖」     11票(内同人票3) 遠藤幸一
 ◎「自由」入選作品 (出品数133点 投票数7票)
 「水遊び」     22票(内同人票11)竹内克友
 「干潟有照」    18票(内同人票7) 中村丈夫
 「新緑」      15票(内同人票7) 嘉義 修

●会員による個展開催
 ・山田重夫展  ふる里伊豆(15.4.25-5.1)
         東京銀座フジフォトサロン
 ・山田勝巳展  MEANINGFULLY(15.5.19-24)
         東京銀座東和ギャラリー
 ・佐藤 博展  水景点描(15.12.5-11)
         東京銀座フジフォトサロン
 ・荒井 明展  チンクエ・テッレ(16.5.21-27)
         東京銀座フジフォトサロン
 ・成田静子展  時のささやき(16.6.10-22)
         東京フォトギャラリーAOYAMA
top ▲

Copyright (C) JAPAN PHOTOGRAPHIC SOCIETY All Rights Reserved