contents
日本写真会について
├ 会のあゆみ・活動
├ 会則
├ 入会案内
└ 福原信三(創設者)
本部・支部
会報ダイジェスト
成績速報
お知らせ
お問合わせ
ホーム
日本写真会 会報ダイジェスト 
2005−10・No.312
→ 一覧にもどる
●巻頭言 「技術進歩と味気」 同人 早瀬 壽雄

 学生時代に数人で三浦半島にハイキングに行った。2人がセミ判のカメラを持っていた。数枚の風景写真のシャッターを押させて貰い、結果が良かったのが写真に興味を持つ切っ掛けとなった。フィルムの入手が困難だったので、売り出し日は先ず新宿伊勢丹の開店を待って売り場へ駆け上がり1本、列の後ろに並びもう1本。30分遅れで開店する三越へ走り3本目。この内1本を叔父の家へ持参し、フィルムを手に入れてあげたからとカメラを借り撮るようになった。オートセミミノルタのロッコールセンズは、友人のカメラ(ズイコーやテッサー)のシャープさには劣ってもボケ味が美しく好きなレンズだった。

 サラリーマン10年目に中古のコンタックス11A・ゾナー50ミリF2とニッコール105ミリF2を入手した。ニッコールのボケ味の良さが好きだったが、約10年経って担当した地熱発電の調査現場へ持ち歩くうちに、メタルシャッターにピンホールができ、止むなくニコンF2に換えた。気に入っていた105ミリF2も入手したが撮ってみるとボケ味の美しさは以前のレンズと違っていた。設計が電算化され、より設計精度は上昇し良質化されたはずだといわれた。世はモノクロからカラーへと変わり、レンズも色収差にも厳しく手計算から電算化、効率よく新設計ができるようになって、レンズの素材を除いて差が認められなくなった。

入会後、ドイツ製レンズを使用されている方の作品は画面の切れ味・ボケ味・色調に微妙な良さがあるのを感じている。

  LPレコードが製造されモノラルからステレオに変わる段階で、NHKラジオの第一・第二放送を使った立体音楽堂と言う番組を聴いたとき、一方はオーディオスピーカー他方はポータブルラジオであったにも係わらず、単独のスピーカーでは聴けない音の存在を感じて感激したものだった。ステレオセットを購入してLPレコードから流れる音楽の中に弦の擦られる音や、楽譜をめくる音まで再現されているのにも驚いた記憶がある。それがCDとなって音楽が固い音になってしまった。ノイズは無くなったが、デジタル化は可聴周波数のみで構成されている。LPのときスピーカーは可聴周波数範囲外の振動にも反応し、それが聴こえてくる音に影響を与えている筈でこれが心地よい原因であろう。

可視光線だけで設計されたレンズでも赤外線や紫外線は通過し、それに反応するフィルムには影響を与えるから可視光線領域の画像に影響が残っていると思う。

音の方は幸か不幸か加齢とともに可聴域が狭まる上、聴いた音は瞬間に空間に存在していない。しかし、撮った画像はフィルムに残り、在り続ける。眼の方は視力や明るさに対する感覚は落ちてきても、色彩の判別能力は変わらないのではないかと今は思う。


  ラジオだけの時代は放送を聴いて、頭の中に画面を想像したものだ。モノクロ写真やテレビでは元の色を思い浮かべることができた。カラーテレビになって、画面の中に全ての情報が存在しているため、想像する必要がなくなった。それだけ感性が失われて行っていないかと気にかかる。

ディジタルプリントの時代になるとき、それしか知らない世代がやがて来る。技術の進歩は大変利便性を上げるが、味気を失う気がしてならない。


●第78回展覧会開催

 ・会期:平成17年7月8日〜14日

 ・会場:富士フォトサロン(東京銀座)

 ・入選者119名

 ・入賞作品

  福原信三賞 「入日の時」  本部 荒井 明

  福原路草賞 「大地の彫刻」 本部 曽我 修

  同友秀作  「祈り」    本部 遠藤侑快

  同友秀作  「光を追う子」 本部 山田勝巳

  会長賞   「雨に咲く」  備前 桑田雅明

  福原信和賞 「波濤」    本部 丸山研造

  特選    「晩秋」    本部 佐藤和男

  準特選   「光と蔭」   本部 山口 浩

  優選    「埠頭の夕景」 本部 白羽雪子

  優選    「湖畔」    日立 山下加代子

  新人賞   「浜名湖黎明」 本部 岩井滋行

  奨励賞   「生命力」   本部 井村奈加子

  奨励賞   「霧氷樹林」  本部 佐藤繁納

●2005−7月例会

 ◎「本部撮影会」入選作品(上野、谷中、根津、千駄木:出品数103、投票数6票)

 「路地」      24票(内同人票10)荒井 明

 「球体浮揚」    14票(内同人票6) 佐藤 博

 「盛夏」      13票(内同人票6) 塩澤 元

 ◎「自由」入選作品 (出品数146点 投票数7票)

 「丸の波紋」    19票(内同人票8) 徳永 弘

 「青い網」     13票(内同人票8) 佐藤 博

 「たそがれの横浜」 11票(内同人票5) 遠藤侑快

●第23回課題コンクール 「樹」(出品数129点 投票数7票)

  会長賞

  「孤高」    19票(内同人票11、赤4)遠藤侑快

  同人賞1席

  「瓶ケ森の主」 10票(内同人票6)    白石 剛

  同人賞2席

  「大樹」     7票(内同人票5、赤1) 神原武昌

  同人賞3席

  「大地」     5票(内同人票4、赤1) 小林一隆

  「芽吹く」    5票(内同人票4、赤1) 渡辺金市

  互選賞1席

  「老樹」    12票(内同人票3)    山田重夫

  互選賞2席

  「城趾に生きる」 8票(内同人票3)    飯塚富郎

  「春爛漫」    8票(内同人票3)    渡辺利正

 

 

top ▲

Copyright (C) JAPAN PHOTOGRAPHIC SOCIETY All Rights Reserved