contents
日本写真会について
├ 会のあゆみ・活動
├ 会則
├ 入会案内
└ 福原信三(創設者)
本部・支部
会報ダイジェスト
成績速報
お知らせ
お問合わせ
ホーム
日本写真会 会報ダイジェスト 
2007−1・No.317
→ 一覧にもどる
●巻頭言 「展覧会が80回を迎える記念の年」  会長  福原 有一

 古希を過ぎて、益々日本写真会の会務に時間を割くことが多くなった。

新年おめでとうございます。この1年もいい作品を残せますように、皆さんで切磋琢磨いたしましょう。ところで、今年は展覧会が80回を迎えます。日本写真会そのものは、設立して82周年ですが、戦争で2回ほど休んでいます。この区切りの年を迎えるにあたり、写真会のこれからについて最近感じていることをお話しさせていただきます。

 会の運営の面から考えるとやはり会員の減少が課題に挙げられます。減少の大きな要因は、趣味の多様化と、趣味の世界まで会の規則やルールに縛られるのは嫌だ、ということでしょう。アナログのように露出の合わせ方とか、シャッタースピードをどうするとか、そのような技術を教えられたり教えたりする必要がないわけで、なんでも自動的にカメラがしてしまうわけです。技術の伝承が不必要なデジタル時代に「会」である意味はなんなのか、そこを考えてみることにしました。

 無論、仲間と一緒に作品を競い合う喜びも「会」にはあるでしょう。他の作品を見て屈託のない意見を言い合える雰囲気も大切なことです。そのような仲良しクラブの側面もあるでしょう。しかしながらこの日本写真会の本来の意義は設立者福原信三の「心」の継承にあると考えたいのです。日本には、四季があります。移り変わる季節がつくる陰影やあざやかさは、私たち日本人の生活と心模様に、深い影響をあたえてきました。自然と共生する生き方、そしてその営みの中から生まれた美意識。それらは、一つの繊細で優雅な和歌や物語の中に、そして華麗に鮮やかな絵巻物や物の形の中に花開きました。一方、「風狂」の名のもとに物欲を捨てた生き方が独特の地位を占めた時代がありました。西行(1118〜1190年)は「詩花和歌集」に詠み人知らずとして「身を捨つる人はまことに捨つるかは捨てぬ人こそ捨つるなりけれ」と心の再生としての風狂を詠んでいます。それらの日本人特有の美意識の表れが写真でいえば「光と其の諧調」なのだと思います。私たちの「会」の存在価値はその「心」の継承にあるのだと思います。21世紀、私たちは心に価値を置く時代を迎えています。

 信三の作品を見直しながら、新しい時代の信三の「心」とは、を問いつつ次回の展覧会で皆様と作品を競っていきたいと思います。

 

●2006−10月本部例会

 ◎「第74回夏季大会」入選作品(赤倉温泉:出品数186点 投票数10票)

  会長賞   「田んぼのアート」 21票(内同人票12)丸山研造

  入選1席  「高原初秋」    16票(内同人票9) 池田多門

  入選1席  「赤い小屋」    16票(内同人票6) 塩澤 元

  入選3席  「盛夏」      15票(内同人票8) 嘉義 修

●第27回同人・同友展開催

 ・会期:平成18年11月3日〜10日

 ・会場:新宿コニカミノルタプラザ ギャラリーA

 ・同人・顧問22名、同友32名、合計54名の出品。

 コニカミノルタプラザ賞受賞者:

  「斜光」        同人 荒井 明

  「ナポレオン・フィッシュ」 同人 島村安彦

  「仮面」        同友 藤元淳子

  「竹のアート」     同友 丸山研造

●「福原信義賞」と本部例会成績優秀者

 福原信義賞   丸山研造

  1位 78票 丸山研造

  2位 71票 岩井滋行

  3位 66票 成田静子

  4位 63票 藤元淳子

  5位 57票 渡辺利正

  6位 49票 安田富男

●2006−11月例会

 ◎「撮影会」入選作品(原宿、代々木公園、新宿公園など:出品数84点 投票数4票)

 「スクリーン」    14票(内同人票6、赤3) 藤元淳子

 「水幕の舞台」    11票(内同人票4、赤1) 今井保俊

 「スネッ子ちゃん」   8票(内同人票2)    成田静子

 「たそがれ」      8票           近藤有代

 ◎「自由」入選作品 (出品数151点 投票数7票)

 「朝つゆ」      11票(内同人票6)    佐藤 博

 「雲海の里」     10票(内同人票3、赤1) 星島孝雄

 「時計台」       9票(内同人票4、赤2) 丸山研造

 「回廊」        9票(内同人票2、赤1) 中島 一

 「光彩の棚田」     9票(内同人票2)    内藤 清

●2005−12月例会

 ◎「撮影会」入選作品(横浜:出品数90点 投票数5票)

 「ある夕景」      17票(内同人票7、赤4)依田健三

 「陽光」       11票(内同人票7、赤3) 神原武昌

 「残葉」       10票(内同人票4)    赤堀良明

 ◎「自由」入選作品 (出品数144点 投票数7票)

 「生きる」      13票(内同人票4、赤1) 曽我 修

 「船上の綱」     12票(内同人票6)    山本彬夫

 「炭紋様」      11票(内同人票5、赤2) 小林輝雄

top ▲

Copyright (C) JAPAN PHOTOGRAPHIC SOCIETY All Rights Reserved