contents
日本写真会について
├ 会のあゆみ・活動
├ 会則
├ 入会案内
└ 福原信三(創設者)
本部・支部
会報ダイジェスト
成績速報
お知らせ
お問合わせ
ホーム
日本写真会 会報ダイジェスト 
2009−4・No.326
→ 一覧にもどる
●巻頭言 「 あ の 頃 」  同人  高澤大介

 1973年。そのとき私は中学二年生だった。写真に興味を持ち自分でフィルム現像、引き伸ばしを始めた頃、新発田に写真の達人がいるカメラ屋があるということを人伝に耳にした。あわせて偏屈で怖い人だぞ、という余計なことも。まだ14歳の少年にはそれだけで十二分に怖気づく話なのだが、写真が上手くなりたい、という思いが私を行動に走らせた。その店の前に着いて遠巻きに中をチロチロ覗くとご本人と思しき人が、いた。暗い店内から眼光鋭くこちらを睨んでいるではないか。ここで退却を決め込んでいたら今の私は無かったと思う。意を決して店内に踏み込んだ。「すみません写真を教えてください。」すると無愛想極まりないその人は店内の椅子を指差し、私に座るように促した。その日は一体何を話したのだろう。ただ、出されたお茶が恐ろしく苦かったこと、そしてまた来ても良いという許しをもらったことだけは鮮明に覚えている。そのお店の名前は八木カメラ店。入り口には日本写真会新発田支部の看板が掲げられていた。

 

店の場所は新発田の盛り場、通称新道(しんみち)にあった。学校の先生はそのあたりへは行ってはならぬと言う。どうも教育上好ましくない地域のようだ。そういえば店の向かいはキャバレーだったな。店の入り口から時折チラチラ見えるキャバレー嬢は私には刺激的で大変好ましいものであったのだが。

授業が終わると店通いの毎日。毎夕6時くらいまでいただろうか。八木さんは自作も含め本当に沢山の作品を見せてくれた。作画のあり方、焦点の合わせどころ、そして調子についてなど等、さまざまなことを作品から学んだ。例えば、それまで印画のシャドー部分はただの黒、ハイライト部分はただの白、と思い込んでいたのだが、しかしそれは間違いだと気がついた。シャドーのその中には豊かな階調があり、ハイライトの部分も同様だった。八木さんは決して直接的な教え方はしない人だった。本人に考えさせ気づかせるやり方である。

 

毎日、三時過ぎになると支部会員の人たちが入れ替わり立ち代り店を訪れて円卓を囲んだ。皆、私の親ほど年の離れている人たちだった。その片隅で中学生は聞いてはならない大人の話や世間話、そして写真談議を聞くのが面白かった。時には無礼をしでかしこっぴどく叱られる事もあったが、自分にとっては同級生と遊ぶよりもこの店に屯している方が心地よかったのである。

月例会。安部支部長(同人故人)はどんな作品でも笑顔を絶やさず良いところのみを指摘なさる。決して悪く言わない。一方、他の人たちの議論は白熱、歯に絹着せぬ物言いが飛び交う。茶碗酒がそれを煽る。私はハラハラした。しかし、出品作品を台紙に張る頃にはまた和やかな雰囲気になっている。本当に写真が大好きな人たちなのだな、と深く感心したものだ。

 

あの時代から三十数年。思い出が詰まった八木カメラ店は閉じた。かわりに八木さんの娘さんが切り盛りする小料理屋がその場所にある。あのとき私を構ってくれた先輩方の頭は白くなった。そして私の髪の毛も少し。

今、中学二年になった息子を見て思う。何か熱中できるものを持っているか。心躍るものはあるか。自分で踏み込めば景色が変わるぞ。まっ、自分で探したまえ。

 

 

●第64回定時総会開催 (平成21年4月11日)
 1.平成20年度事業報告、決算報告
 2.平成21年度事業計画、収支予算案 等々

●祝新同人、新同友誕生 (平成20年4月11日)

 同人 丸山研造(本部)、依田健三(本部)、高木章(本部)
 同友 岩井滋行(本部)、今井保俊(東海)、小林泰子(津山)、
    湯浅堅(岡山備前)、竹本衡平(岡山備前)

●諸事業委員

 第82回展覧会委員     委員長:荒井明  副委員長:池田多門、塩澤元
 第77回夏季大会委員    委員長:安田富男 副委員長:山本彬夫
 第28回課題コンクール委員 委員長:篠崎史朗
 第30回同人・同友展    委員長:池田多門 副委員長:早瀬壽雄
 第75回忘年会       委員長:三浦邦彦 副委員長:加藤泰夫
 創立85周年記念写真委員  委員長:池田多門 副委員長:加藤泰夫

●2009−1月例会

◎ 「本部撮影会」入選作品(東京台東区:出品数90、投票数6票)

 「二人連れ」    20票(内同人票8)     土屋 守

 「手形」      18票(内同人票9)     塩澤 元

 「金色池」     13票(内同人票4)     岩井滋行

◎「自由」入選作品 (出品数130点 投票数7票)

 「天空の狭間」   14票(内同人7)      葛西康隆

 「日差し」     12票(内同人4)      佐藤二郎

 「水面の装い」   10票(内同人6)      山下加代子

 「秋霜紋様」    10票(内同人4)      小林輝雄

 「ネー聞いてよ」  10票(内同人4)      田中洋一

 

●2009−2月例会

◎「本部撮影会」入選作品(五泉市:出品数86、投票数5票)

 「割かれる畝」   13票(内同人票3)     嘉義 修

 「春を待つ」    12票(内同人票5)     佐藤繁納

 「寒中の蓮池」   11票(内同人票6)     真中 誠

 「凍湖昇陽」    11票(内同人票6)     池田多門

◎「自由」入選作品 (出品数135点 投票数7票)

 「凍湖」      28票(内同人9)      小林輝雄

 「晩秋の草原」   15票(内同人6)      伊藤廣史

 「葦原」      13票(内同人7)      佐藤二郎

●2009−3月例会

◎「本部撮影会」入選作品(東京新宿区・渋谷区:出品数96、投票数6票)

 「パッチワークの家」15票(内同人票5)     中村雅子

 「明り窓」     15票(内同人票7)     田中洋一

 「異形空間」    14票(内同人票5)     早瀬壽雄

◎「自由」入選作品 (出品数125点 投票数6票)

 「凍湖」      12票(内同人4)      高澤大介

 「野火」      11票(内同人5)      佐藤二郎

 「風紋と貝殻」   10票(内同人5)      早瀬壽雄

 

 

 
top ▲

Copyright (C) JAPAN PHOTOGRAPHIC SOCIETY All Rights Reserved